菜の花は実は栄養抜群野菜だった!?菜の花にどんな栄養、効果があるのか紹介!

約 1 分
菜の花は実は栄養抜群野菜だった!?菜の花にどんな栄養、効果があるのか紹介!

1 菜の花の起源・由来

菜の花(学名:Brassica napus 和名:菜の花)
菜の花は、アブラナ科アブラナ属に属します。
菜の花は、地中海沿岸が原産地とされています。日本には弥生時代に中国から渡来してきたと言われていますが、当初は種を絞って「菜種油」として使う用途で栽培されていました。奈良時代以前には、食用されていたと考えられています。
明治時代になると西洋種の菜の花が導入され、昭和になると食用としての品種改良が進み、現在では広く食べられています。農家の人々は古くから食用として利用していたようです。

一般的に菜の花というと春に咲く黄色い花を思い浮かべますが、じつは菜の花はアブラナ科の黄色い花の総称で、1種だけを限定する名称ではありません。
菜の花の「菜」は食用を意味し、”菜の花”とは食用の花という意味になります。

2 菜の花の種類

菜の花には観賞用のほか、菜種油用のナタネ、食用のなばながあり、それぞれ品種が異なります。
小松菜やちんげんさいなども春に花茎とつぼみが出て菜の花として食べられますが、一般的に流通している菜の花の多くは、品種改良されたものです。
菜の花には和種(在来)と西洋種の2種類に分けられ、和種は花茎とつぼみと葉を利用し、西洋種はおもに花茎と葉を食べます。なお、川沿いの土手などに咲いている野生のものは、西洋アブナラの近縁の「西洋カラシナ」であることが多いようです。

3 菜の花の育て方

菜の花は、栽培期間が長い野菜ですが、標準プランター以上のサイズのプランターを準備すれば問題なく育ちます。
プランターに鉢底石を引いて、用土を入れ表面は平らにします。2cmぐらいのウォータースペースを確保します。用土は市販の培養土を利用するのが簡単です。
条間10~15cm、深さ1cm程度のまき溝を2条つくり、種を1cm間隔で蒔きます。蒔いた後は溝が埋まるくらいに覆土し、土の表面を軽く押さえてたっぷりと水やりします。
発芽するまでは土の表面が乾かない程度に水やりし、発芽後は土の表面が乾いたらたっぷりと水をやりますが、水のやりすぎに注意します。
双葉が完全に開いたころから、本葉1~2枚までに行います。株間は3~4cm間隔で、ていねいに間引きます。間引いた後は、株が倒れないよう株元に軽く土寄せします。
本葉が3~4枚になったら、株間5~6cmに間引きをします。その後、プランター全体に化成肥料を10g程度まき、株元に軽く土寄せします。液肥を使用する場合は、週に1回を目安に500倍液を水やり代わりに施します。
草丈が20~25cmぐらいになったら収穫します。

4 菜の花の栄養・効果

菜の花は、βカロテンの含有量が多く、骨の健康維持に欠かせないカルシウムやビタミンKも豊富に含みます。βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を保護したり、活性酸素を除去するなどの働きがあり、免疫力を高めたり、風邪やがん予防などに効果があるといわれています。髪の健康維持や、視力維持、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるともいわれています。
また、カリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやりん、鉄などを豊富に含んでいます。どれも骨を生成する上で欠かせない成分です。骨を丈夫にし、健康を維持します。
菜の花には、アブラナ科の植物に含まれる辛み成分の「イソチオシアネート」を含んでいます。抗ガン作用を期待され研究が進められている注目の栄養素です。異常をきたした細胞の増殖を抑えることで、ガンや血栓予防につながると期待されています。苦み成分の「ケンフェロール」は、体内のエネルギー燃焼のはたらきを高めるとされ、脂肪の燃焼を助けるダイエット効果が期待できます。また、臓器のはたらきを活発にして免疫力を高めるので、風邪や病気の予防につながります。

5 菜の花の選び方・保存方法

菜の花はつぼみに栄養素が濃縮されているので、花が咲いていない物を選びます。
切り口が新鮮で、葉・茎ともピンと張っていて、鮮やかな緑色の物が良品です。

乾燥を防ぐため新聞紙などに包んでポリ袋に入れ茎を下にして立てて冷蔵庫の野菜室に入れます。テープなどでひとまとめにされているものは外しておきます。
冷凍保存する場合は、かためにゆでて水気をよく切ったものを小分けにして冷凍します。

6 菜の花のまとめ

菜の花はまずおひたしで頂きます。食べた時のほろ苦さが、春がきたんだなあと思わせてくれます。ごま油でさっと炒めるのも美味です。ちりめんじゃこと一緒に菜の花を卵とじにして食べるのも、ご飯がすすみます。
アンチョビやあさりと一緒にパスタに入れるのも美味しいです。
お塩につけて頂く天ぷらも嬉しくなります。
お吸い物にもよく入れます。
子どもたちが通っていた保育園では、お雛祭りの日は、必ず給食に菜の花のお吸い物が出ていました。今思うと季節が感じられてぜいたくな給食です。
季節になると堤防を車で通っている時に、菜の花を採っている人をよく見かけます。春の定番の風景で、気持ちもほんわかします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More