マイナー野菜だけど栄養満点な明日葉!疲労回復やダイエット効果もアリ!がん予防にもなる!

約 1 分
マイナー野菜だけど栄養満点な明日葉!疲労回復やダイエット効果もアリ!がん予防にもなる!

1 あしたばの起源・由来

あしたばは、セリ科シシウド属に属する野菜です。
あしたばは日本や中国に自生し、日本ではおもに関東の太平洋沿岸に分布し、伊豆諸島の八丈島では古くから栽培されていて、薬効のある植物として利用されていました。
「大和本草」の菜蔬類の項目においても「鹹草(アシタグサ)」の名で紹介されています。八丈島で栽培されていたことや、葉が3枚に分かれているなど特徴が記されています。

あしたばは、「今日葉を摘んでも、明日には芽が出る」ほど生命力が強いことから「あしたば(明日葉)」と名付けられたと言われています。

2 あしたばの特徴

あしたばは、さわやかな香りと特有のほろ苦さを持つセリ科の野草です。栄養価の高い健康野菜としても注目されていて、「青汁」やサプリメントなどの材料として利用されています。
温暖な気候を好み、伊豆諸島の大島や八丈島の特産野菜としても有名です。旬の時期は2月下旬から5月頃で、3月頃が出荷のピークです。野菜としてのあしたばは、8割以上が伊豆諸島が属する東京都で生産されています。

3 あしたばの栄養・効果

あしたばはさまざまなビタミンやミネラルを含み、その含有量も多く、栄養的に非常にすぐれた食材です。
あしたばβカロテンが非常に多く含まれています。βカロテンは抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
高血圧予防になるカリウム、便秘予防に欠かせない食物繊維、骨の形成を助けるビタミンKも多く含まれています。
また、野菜にはあまり含まれないビタミ写真:あしたばンB1、B2も豊富で、糖質や脂質を効率よくエネルギーに変えて燃焼するので、疲労回復やダイエット効果が期待できます。
葉や茎を切った時に出る淡い黄色い汁には、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や抗菌作用など、さまざまな効能があるとされる有効成分「カルコン」「クマリン」が含まれています。

4 あしたばの選び方・保存方法

葉がきれいな緑色で張りがあり、みずみずしさを感じるものが良品です。葉がしなびていたり、切り口が変色しているものは鮮度が落ちています。また茎が太いものや育ちすぎのものは、苦味が強かったり繊維が多くてスジっぽく感じることがあるので、茎は細めのほうがおすすめです。
あしたばは茎の色が緑色の「青茎」と、茶褐色の「赤茎」がありますが、あまり味に違いはないようです。ただ、赤茎のほうがやや苦味があるともいわれます。

あしたばは乾燥に弱いので、濡れた新聞紙などで包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。あしたばは、上に伸びようとするのでなるべく立てて置くようにします。

5 あしたばのまとめ

あしたばは、一時期テレビでたくさん取り上げられているのを見てその存在を知りました。
栄養価が非常に高い食材だという事も、よく紹介されていました。
でも、まだ食べた事がありません。どんな味がするのでしょうか。
お浸し、和え物、炒め物、揚げ物などに向いていると言われていますが、未知の世界です。アクがあることも今回初めて知りました。
産地の伊豆諸島では、ゆでたあしたばにマヨネーズを付けて食べるのが定番だそうで、ますます謎が膨らみます。
さわやかな香りとほろ苦い味わいがあるようで、どちらかと言うと「山菜」や「菜の花」・「春菊」のようなイメージなのでしょうか。
未体験のあしたばをぜひ体験してみたいと思いました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More