わさびでガン予防!?意外と知らない健康に良いわさびの栄養や健康効果を徹底紹介!

約 1 分
わさびでガン予防!?意外と知らない健康に良いわさびの栄養や健康効果を徹底紹介!

1 わさびの起源・由来

わさびは、アブラナ科ワサビ属に属します。
わさびは、飛鳥時代の遺跡である飛鳥京跡苑池遺構(奈良県明日香村)から出土した木簡に「委佐俾三升(わさびさんしょう)」と書かれていて、これがわさびについて記された最古の史料とされています。
奈良時代に出された「賦役令」「山葵(わさび)」の名前が見られます。土地の名産品としてすでに納付され、薬用として使用されていたと考えられています。日本最古の薬草事典の「本草和名」にも「山葵」の記載があります。
江戸時代初期に現在の静岡県有東木で栽培が始まったとされ、美食家として知られる徳川家康のお気に入りだったと言われています。そのため、幕府への献上品として庶民には馴染みの薄い食材でした。
江戸時代後期になると、寿司や蕎麦が人気となり、その薬味としてわさびも広く一般に浸透しました。

わさびの由来は諸説あります。わさびの「わさ」は古語で「走る」という意味で、鼻にツンと走る辛さを表現したもので、「び」は「み(実)」が転じたもので、根茎のことを指している説や、また、悪障疼(ワルサハヒビク)の略で、辛さを示しているという説があります。
漢字の「山葵」は、葉の形が葵に似ているために「葵」の文字が当てられ、水のきれいな山の湿地に生えるので「山葵」になったそうです。

2 わさびの種類

日本原産のわさびは、ヨーロッパ原産の西洋わさびと区別するために「本わさび」とも呼ばれます。
西洋わさびは「ホースラディッシュ」とも呼ばれ、風味が似ていて安価で栽培しやすいため、粉わさびや練りわさびなど加工品の原料として使われています。

わさびは、栽培されている種類もたくさんありますが、大きく分けると、生育が比較的早く、(大体1年ほどで収穫できる。)大きく成長する実生系(みしょう)と、成長に実生系の2倍ほどかかる、風味の良い真妻系(まずま)に分類されます。
また、わさびは栽培方法により「沢わさび(水わさび)」と「畑わさび(山わさび)」に分類され、沢わさびは渓流や湧き水を利用して「わさび田」で栽培されます。一般的に見かける薬味としてのわさびは、ほぼ沢わさびです。畑わさびは、種を土にまいて湿気の多い畑やビニールハウスで栽培され、わさび漬けや練りわさびなど主に加工用として使われます。
ワサビは根茎部分だけでなく、葉柄や花芽も収穫され、季節を感じさせてくれる食材として出荷されています。

3 わさびの栄養・効果

わさびには「シニグリン」という成分が含まれています。「シニグリン」はわさびをすりおろすと「アリルイソチオシアネート」と呼ばれる成分に変わります。大腸菌やサルモネラ菌など食中毒の原因となる菌の増殖を抑える抗菌作用、魚の生臭さを抑える消臭作用、カビの発生を抑える防カビ作用が知られています。また、細胞のガン化を促進する魚や肉の焦げ成分を分解するのでガン予防作用、血液中の血小板の凝集を抑制する血栓予防作用なども期待できます。
わさびの辛味成分は、胃を刺激して消化を助け、食欲を増進させます。

4 わさびの選び方・保存方法

わさびを選び時は、まず緑色が鮮やかな物で、根もとから茎が付いている上の方まで同じくらいの太さの物を選びます。わさびは鮮度が落ちるにつれ、緑色が薄れ黄色っぽくなってきます。
わさびは成長速度がゆっくりなほど肉質が緻密で美味しいわさびです。成長するに従い葉を落として伸びていくので、その早いか遅いかが、葉が付いていた跡、つまり表面のおうとつを見ると分かります。ゆっくり成長した良い物は、このおうとつの目が詰まった感じになっているものです。まばらなものは早く育ってしまったという事です。
手に持った時にずっしりと重みを感じるものを選んでください。そう言ったものは水分もしっかりと含み、肉質も緻密なものが多いです。

数日で使い切る場合は、ぬらした新聞紙やキッチンペーパーなどで包み、さらにラップでまくかビニールやポリの袋に入れて冷蔵庫に入れます。長期間保存したい場合は、グラスなどにワサビを立てて入れ、頭が出る位に水を張って冷蔵庫に入れておきます。こまめに水を換えます。

5 わさびのまとめ

わさび大好きです。お鮨やお蕎麦に欠かせませんが、ちょっと変わっていますが、私はうどんもわさびで食べます。
お茶漬けやふりかけもわさびの物を選んでしまいます。マヨネーズやドレッシングにも混ぜたりして、生野菜と一緒に食べます。わさび漬けも大好きです。わさび漬けがあれば、どんどんご飯がすすんでいきます。静岡に行った時には、必ず買って帰ります。
静岡に住む知人に教えてもらったのですが、うなぎの白焼きにわさびはとてもよく合います。
うなぎは、かば焼きでしか食べたことがなかったのですが、白焼きにわさびをのせて食べたら、とっても美味しかったです。
さすが、わさびもうなぎも名物の静岡県民だと感心しました。かば焼きにもわさびを付けます。名古屋飯で有名なひつまぶしにもわさびがついているように、かば焼きにつけてもとてもさっぱりして美味しくいただけます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More