とうがらしの健康効果や栄養って何?意外と知らない唐辛子の種類も紹介!!

約 1 分
とうがらしの健康効果や栄養って何?意外と知らない唐辛子の種類も紹介!!

1 とうがらしの起源・由来

とうがらしは、ナス科トウガラシ属に属します。
とうがらしは、メキシコが栽培起源の地と考えられていて、最も古い栽培型の出土は、メキシコ中部で紀元前6500~5000年頃の物です。
アメリカ各地では、2000年以上前から栽培されていました。1世紀頃のペルーの遺跡から発見された織物には、とうがらしの模様が描かれていたそうです。
ヨーロッパへは1493年にコロンブスがスペインに持ち帰って伝わり、その後ヨーロッパ全域に広まりました。
日本へは1592年に豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に種が持ち帰られたという説や、1542年にポルトガル人によってたばことともに伝えられたという説などがあります。

「唐辛子」は、「唐からやってきたからし」という意味ですが、この「唐」は中国ではなく外国の意味で、「外国からやってきたからし」というところに由来します。

2 とうがらしの種類

とうがらしは、世界中にたくさんの品種があります。
「鷹の爪」は、とうがらしの代表的な品種で、細長くて辛味が強いのが特徴です。空に向かって伸びる姿が鷹の爪に似ていることからそう呼ばれるようになったと言われています。「本鷹」は鷹の爪の仲間で、サイズが約6cmとやや大きめです。また鷹の爪とは系統が異なりますが、房状にたくさん実をつける「八房」や「三鷹」などもあります。「天鷹」という中国産のとうがらしも多く流通しています。
「島とうがらし」は、沖縄県や鹿児島県などで栽培されている小型のとうがらしで、長さが2〜3cmほどと小さく、辛味がとても強いのが特徴です。沖縄には島とうがらしを泡盛に漬け込んだ「コーレーグース」という調味料があります。
とうがらしの葉は「葉とうがらし」として、佃煮や炒め物などにして食べられることが多いです。
「ハバネロ」は、世界一の辛さ」として知名度が高まったとうがらしです。辛味が非常に強くてフルーティーな香りを持ち、サイズは3cm前後と小さく丸みのある形をしていています。オレンジや黄色などいくつか種類がありますが、「レッドサビナ」種がハバネロの中で一番辛味が強く、熟すと赤くなります。
「ハラペーニョ」は、メキシコで一般的に栽培されている青とうがらしで、長さは4cm前後で果皮に光沢があり、強い辛味を持ちます。肉厚で香りがよく、タバスコやサルサソースなどに最適です。辛さはハバネロや鷹の爪に比べると少なく、メキシコ料理ではピクルスとしても食べられています。

3 とうがらしの栄養・効果

とうがらしの辛味成分カプサイシンは、唾液分泌量を増やして食欲を増進してくれます。消化・吸収が早く、末梢の血管を拡張させて血液量を増やし、体を温めてくれ、血圧の上昇を抑える働きが期待できます。副腎ホルモンの「エピネフリン」の分泌量を増やし、脂肪の燃焼効率を高めて、体脂肪の蓄積を抑える働きをすると言われています。
とうがらしはβカロテンとカリウムが豊富に含まれています。βカロテンは抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を正常に保つ働きも持ちます。またカリウムは血圧の上昇を抑える作用があり、生活習慣病の予防によいとされます。

4 とうがらしの選び方・保存方法

果皮に張りとツヤがあり、色が鮮やかなものがおすすめです。ヘタがピンとしているものは鮮度がよいものです。茶色く変色したり干からびたりしていないか確かめます。

新鮮なとうがらしは水分が多く、あまり日持ちしません。ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存して、早めに使い切りましょう。鷹の爪などは市販されているもののように、乾燥させておくと長期間保存が利きます。風通しのよい場所に吊すなどしてしっかり乾燥させ、保存用袋などに入れて冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。ただし、ハラペーニョなど青いトウガラシは乾燥に向いていません。

5 とうがらしのまとめ

とうがらしは、あまり生で買うことはありません。どちらかと言うと日持ちがいいのと、使い勝手のよさで乾燥している物を買っています。
一味唐辛子や七味唐辛子は、よく使います。おうどんやお蕎麦にもかけます。豚汁にかけると風味もよく温まります。
アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ や、アラビアータは大好きですが、子どもが辛い物が食べれないので、ほとんど我が家では登場しません。残念です。
でも、キムチはよく買います。冬になるとキムチ鍋は欠かせませんが、下の子たちは食べれないので、お鍋から取ってから後のせをしています。
私が住んでいる地方では、「ベトコンラーメン」というラーメンがあります。このラーメンにはとうがらしと大量のにんにくが入っています。すごく美味しいです。疲れた時に食べると疲れがとんでいきます。人気のお店は行列ができるほどで、いつも駐車場もいっぱいです。もし機会があったらぜひ食べて下さい。本当に美味しいです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More