便秘予防や糖尿病予防に最適な野菜さといもの健康効果や栄養を大紹介!

約 1 分
便秘予防や糖尿病予防に最適な野菜さといもの健康効果や栄養を大紹介!

1 さといもの起源・由来

(学名:Colocasia esculenta (L.) Schott 和名:サトイモ)
さといもは、サトイモ科サトイモ属に属します。
さといもの原産地はインド東部からマレーシアにかけての東南アジアにかけてとの説が有力です。紀元前3000年頃には既にインドで栽培されていたようです。
日本には、縄文時代に伝わってきたようです。

山芋に対して、「里」で作る芋なので、「さといも」と呼ばれるようになったそうです。

2 さといもの種類

さといもの種類は大きく分けて子芋や孫芋を食べるものと、親芋を食べるもの、どちらも食べるものがあります。
子芋や孫芋を食べる種類としては、土垂・石川早生などで、親芋を食べる種類は、京いも・八ツ頭などです。
どちらも食べる種類には、えびいも・セレベスなどがあります。
また、葉柄を柔らかく栽培した、ずいきがあります。ずいきには、皮肌の赤い「赤ずいき」、軟白栽培した「白ずいき」、青ずいきと呼ばれる「はすいも」があります。

3 さといもの栄養・効果

芋類は穀類と野菜の両方の性質を持ち合わせていますが、さといもは、他の芋と比べて野菜の性質を強くもっています。
たんぱく質と脂質は少なく、水分が多く、炭水化物も比較的多くなくエネルギーも低めです。
ミネラル類では、カリウムを多く含んでいます。カリウムは、血圧上昇をさせるナトリウムを体外に排出する役割があるので、血圧を下げて高血圧予防・改善を促します。カルシウムとともに骨を丈夫にするマグネシウムや、鉄欠乏性貧血を防ぐ鉄、味覚の発達を促す亜鉛、欠乏すると悪性貧血を招く銅などバランスよく含んでいます。
さといものぬめりは「ムチン」や「ガラクタン」「マンナン」という成分によるものです。ムチンは胃腸の粘膜を保護したり、肝臓や腎臓の働きを助けたりする他、細胞を活性化して老化を予防する作用があるといわれています。ガラクタンは水溶性食物繊維で、免疫力を高めたり、血中のコレステロールの抑制、腸の働きを活発にして便通をよくする働きがあるとされます。マンナンも便秘予防や糖尿病予防などに効果があるといわれています。

4 さといもの選び方・保存方法

洗い芋は品質の低下が早いのでなるべく泥つきのものを選びます。
ふっくらと丸みがあって変色や傷がなく、ころころと太り、皮に湿り気があるものが新鮮です。お尻の部分がやわらかいものは傷んでいたり、鮮度が落ちている可能性があるので気を付けます。また皮にひび割れがあるものは風味が落ちていることがあるので避けるようにします。

さといもは、低温に弱いので冷蔵庫での保存は避けます。
また、さといもは乾燥すると品質が低下するので、新聞紙などにくるんで冷暗所で保存します。泥つきのさといもは泥がついたまま、新聞紙でくるみます。くるむときに新聞紙を軽く湿らせておくと乾燥を防げます。
皮をむいて少しかために加熱し、冷めたら水気をしっかりふきとり、フリーザーパックなどに入れて冷凍庫で保存します。
生で保存をする場合は、さといもをよく洗ってから半日ほど天日干しをして、皮を剥いて軽く塩をまぶしてヌメリやアクを落としてさっと水洗いをします。ザルにあげて水気をしっかりと切ってから、そのまま広げて冷凍庫で保存します。使う時は凍ったまま煮物などに使います。

5 さといものまとめ

実家でもさといもを作っています。
子どもたちが大好きなので、さといもが出来ると大量にもらってきます。子どもたちのお気に入りは「衣かつぎ」で、小ぶりのさといもを茹でて”どーん”とお皿にのせて食卓に出すと大喜びです。自分たちで手がすぐにふけるように濡れたタオルと、皮を入れるお皿を準備しています。おしょう油の準備も欠かさずしています。たくさん食べるために味を変えるように、味噌も出します。
煮物も大好きで、筑前煮にするとなぜかさといもからなくなっていきます。
水をはった入れ物に親芋を入れておくと芽が出てきて、観賞用にもなります。水を絶やさないように気をつけます。我が家の玄関のさといももとっても大きくなりました。日の当たる方に伸びていくので、向きを変えてあげましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More