Page 2

食育と地産地消
農林水産省は、食育と地産地消などの推進を平成26年の重点推進項目として挙げています。そもそも地産地消とは何を意味するのでしょうか。 地産地消とは 近年、消費者の農産物に対する安全・安心志向の高まりや生産者の販売の多様化の取組が進む中で、消費...
食育に関する絵本
親と子どもが一緒に楽しみながら食育をする方法に、絵本があります。目的別や年齢別に多くの食育用の絵本が出版されています。ここでは、目的別に絵本を紹介します。 楽しみながら食べることを育む絵本 食べることを楽しいと感じることはとても大切なことで...
食育に関する子どもへのメリット
「食育」とは、健全な食生活を実践するための教育のことを言います。学校では「食育」の生きた教材として学校給食の充実を図り、家庭においても栄養の偏りないバランス良い食生活が求められています。しかし、「食育」しようと思っても実際には何を行ってよい...
食事バランスと食育
食育において、栄養バランスは非常に重要な位置を占めます。なぜなら、食べるという行為は、常に栄養価と栄養素の2つのバランスを考えなければなりません。栄養価とは、食物から摂取するカロリーのことです。栄養素とは、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミ...
咀嚼能力の向上と食育
咀嚼とは、食物の口腔内への取り込み、噛み砕くことによる表面積の増加、だ液との混和、食塊形成などすべての過程を含んでおり、食物 の消化・吸収に重要な役割を果たしています。残念ながら咀嚼などの「食べ方」の重要性は、正確に理解している人は多くあり...
歯科保健に関する食育
近年、子どもの虫歯の数の本数はかなり減っています。これは、予防歯科の普及やフッ素入りの歯磨き粉の浸透、保育園や幼稚園におけるフッ素加工物洗口の効果の現れだと考えられています。しかし、逆に増えているのが「歯並びの悪い子ども」です。歯並びがガタ...
食育に関する資格
食育に関する資格は、公的資格として管理栄養士・栄養士・栄養教諭があります。また、民間資格は食育インストラクター・食育スペシャリスト・食育アドバイザーなどがあります。それぞれをご紹介していきましょう。 管理栄養士 管理栄養士は、厚生労働大臣の...
保育園における食育
健康的な生活を営む上で「食」は不可欠な要素です。しかし、現代の日本では飽食化やライフスタイルの多様化、家族構成の変化のために食生活が乱れやすくなっています。特に幼児期の食体験は、心と体の成長に密接に関係し、その後の人生に大きな影響を及ぼすこ...
幼稚園における食育
幼児期における食生活習慣の獲得は、その後の成長に影響し、健康と発達に直接関わるために重要です。現在、幼児期の食生活問題として、「朝食欠食」「肥満」「咀嚼力の低下」などが指摘されています。幼稚園児は、保育園児に比べ家庭での生活時間が多いために...
小学校における食育
「食育」は、生きる上での基本であり「知育」「徳育」「体育」の基礎となるべきものと位置づけられると共に、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものです。そのため、教育...

食育の最近の投稿

エプロンシアターで食育あそび
エプロンシアターを使った食育遊びが話題です。子どもにとっては遊びが学びになります。 このエプロンシアターを使って楽しみながら食育を育みましょう。 エプロンシアターとは エプロンシアターとは、エプロンを舞台に見立てて、ポケットから人形を出した...
食育に関しての今後の課題
食育に関しては、2005年に制定された33条から成る食育基本法が基本的な法律です。内閣府、農林水産省、文部科学省、地方公共団体など複数の行政機関が関わって策定されるほど幅の広い分野に関係し、「食育」についての啓発活動を行っています。食育基本...
食育に関する研究例の紹介
食育に関する研究は、子どもが主体となる研究、大学生などが主体となる研究発表会さらに研究職の専門家が研究する場合など、いろいろなレベルで食育についての発表を行っています。ここでは、それぞれのレベルでの食育に関する研究を紹介します。 子どもの現...
More