Page 2

子供と台所~五感フル活用!台所食育~
好奇心いっぱいの子供たちは様々な体験をすることでさらに五感が成長し、洗練されていきます。台所はそんな子供たちが大好きな場所の1つです。おいしそうな食べ物を「見る」、食材を切る包丁の音を「聞く」、鍋から漂うおいしそうな香りを「嗅ぐ」、仕上げの...
災害時に命をつなぐための食育
阪神淡路大震災、東日本大震災、北海道胆振東部地震、熊本地震など、私たちは災害と隣り合わせで生活しているといえます。災害はいつ、どこで、どのように発生するか分かりません。そうした緊急事態の時に、人の命を支えるのは「食」です。万が一の事態になっ...
和食
第三次食育推進計画において、食育推進にあたる重要課題の1つとして「食品廃棄(フードロス)」が挙げられています。その取り組みとして、国や地方自治体が展開している施策以外にも、民間企業が関わって展開されているフードロス削減活動も広がりつつありま...
和食
本来食べられるのにも関わらず、食品を廃棄してしまう問題は「フードロス(食料廃棄)」と呼ばれ、日本のみならず世界中で大きな問題となっています。世界では人が消費するために生産された食料の約1/3(約13憶t)が廃棄されています。また、日本におい...
和食
まだ食べられるのに様々な理由で捨てられてしまう食品を受け取り、食品を必要としている組織や個人につなげる活動が広がりを見せています。「フードバンク」と呼ばれる活動です。今回は、フードバンクの活動を食育の観点から考えていきたいと思います。 フー...
歯科医からの食育推進
日本は平成17年「食育基本法」を、平成18年には「食育推進計画法」を制定し、国民的運動として展開を図っています。「食育基本法」の理念は、近年の国民の食生活をめぐる環境の変化に伴い、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむ...
食育ボランティアの活動
食育を育む環境は、学校であったり保育園であったり、各行政、各自治体などが積極的に作り上げています。その中で、ボランティアで食育を推進している団体もたくさんあります。 子ども食堂 子ども食堂とは、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料ま...
食育の取り組み【食育コンテスト】
NPO法人キッズエクスプレス21では、食育推進の一環として、全国の幼稚園や保育園、認定こども園等を対象にした「食育コンテスト」を実施しています。保育を通してすばらしい食育の実践活動を展開している施設の取り組みを広く社会に知ってもらいたいとい...
食育ワークショップについて知ろう
ワークショップ とは、日本では「体験型講座」を指します。食育に関してのワークショップは様々なものがあり、料理教室や味噌作り、親子クッキング体験など魅力的なものばかりです。 食に携わるもの全般が食育のワークショップになります。興味があるもの、...
食育でアレルギーを防ぐ
アレルギーの現状 近年、アレルギー患者は増加傾向にあります。今から50年前には日本では「アレルギー」は、ほとんどありませんでしたが、現在では国民の3人に1人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。欧米や我が国日本などの先進国で非常...

食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 理想の押し付けの食育ではいけない 現代社会は、家族の在り方に...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More