食育アドバイザーと食生活アドバイザーの違いとは

約 1 分

食育アドバイザーと食生活アドバイザーの違いとは

食や、健康への関心の高まりとともに、食育に関する資格取得を目指す人が増えています。資格取得を目指すとき、多くの人が頭を悩ませるのが、「自分に合っている資格はどれか?」ということです。

ここでは、「食育アドバイザー」と「食生活アドバイザー」の2つの資格に注目し、それぞれの違いについてまとめています。「どこが認定している資格なの?」、「どんなことが学べるの?」など、資格選びのための5つのポイントを紹介します。

認定機関の違い

資格の認定機関は、食育アドバイザーが「一般財団法人 日本能力開発推進機構」、食生活アドバイザーは「一般社団法人 FLAネットワーク協会」です。

「一般財団法人 日本能力開発推進機構」は、保健、医療、福祉、社会教育、学術、文化および芸術の分野における実務能力向上について、様々な情報提供事業を行い、職業能力の開発や雇用機会の拡充、経済活動の活性化を図ることを目指しています。資格認定や、各種セミナーや研修などの教育訓練、調査研究などを行っています。食生活アドバイザーの他、健康食アドバイザー、落合務のイタリアンマイスターなど、様々な食に関する資格を認定しています。

「一般社団法人 FLAネットワーク協会」は、自分のライフスタイルを自ら考え、自ら創造し、実践できる人材を育てることを目的に設立されました。「FLA」は、Food & Lifestyle Adviserの略です。食生活アドバイザーや野菜スペシャリストに関する検定事業の他、研修事業、研究事業、情報事業などを行っています。

受験資格の違い

食育アドバイザーは、協会指定の認定教育機関などが実施する教育訓練において、全カリキュラムを修了している人だけが受験することができます。

一方、食生活アドバイザーは受験制限がありません。

学習内容の違い

食育アドバイザーの履修内容は、食育の基礎知識、食品の安全性についての基礎知識、食育活動について、前記に付帯する基礎知識です。食について、正しい基礎知識を持っていることの証明となり、教育、医療、福祉関係、飲食業界、食品業界で働く人のための、プラスαの知識として推奨しています。

食生活アドバイザーは、栄養と健康、食文化と食習慣、食品学、衛生管理、食マーケット、社会生活の6つの分野から出題されます。自分自身や家族の豊かな食生活の基盤づくりや、食生活のスペシャリストを目指す人のための検定です。

受験方法と合格基準の違い

食育アドバイザーは、認定講座の全カリキュラムを修了した後、随時、在宅で受験可能です。得点率70%以上で合格となり、合否結果は、答案受け付け後、約1ヶ月で送付されます。

食生活アドバイザーは、試験会場での受験が必要です。試験日の詳細は、一般社団法人 FLAネットワーク協会のホームページをご確認下さい。1問2点で、3級は60点以上で合格(100点満点)、2級は74点以上で合格(123点満点)となっています。

受験料の違い

食育アドバイザーの受験料は、5,600円(税込み)です。(ただし、認定教育機関などが実施する教育訓練を修了する必要があります。)

一方、食生活アドバイザーの受験料は、3級が4,700円(税込み)、2級が7,300円(税込み)、3級・2級併願が12,000円(税込み)です。テキストは書店で販売されており、独学で資格取得を目指すことができます。合格講座(3級が12,000円、2級が18,000円)が開催されており、受講することによって、合格率がアップします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More