安全な魚を選ぶポイントは?安全安心な子どもの食事をつくろう

約 1 分

子どもに食べさせたい「安全な魚」とは?「養殖」「天然」どちらを選ぶ?

海に囲まれた島国の日本で子どもを育てるのであれば、肉だけでなく魚もしっかり食べさせたいというママも多いのではないでしょうか。魚は肉に比べてヘルシー、頭の発育にも良いなどのコメントもよくありますが、実際には「養殖」「天然」「国産」「輸入」など色んな表示がありどんな魚を選べばよいのか、また、福島原発事故以降では放射能汚染のことなども気になります。そこで今回は、「子どもに食べさせたい安全な魚」とはどんなものなのか、まとめてみたいと思います。

まず、天然の魚を選ぶか、洋食の魚を選ぶかというテーマについてです。多くの場合は、天然の魚の方が養殖の魚よりも価格が高く、美味しそうなイメージがあります。基本的には、そのイメージどおり天然の方がより自然に育てられているという意味で安心安全なのですが、現在問題となっている海の汚染(工場排水や放射能汚染など)を考えると、必ずしも天然の方が安全とは言い切れません。

ちなみに、日本で養殖されている魚はブリ、真鯛、カンパチ、クロマグロなどが多いと言われています。養殖が危険と言われているのは、小さないけすのなかに多くの魚が育てられていることや、劣悪な環境のなかで病気にならないように抗生物質やビタミン剤などの薬剤が使われていること、エサには遺伝子組み換え不選別のものが使われていることなどが主な理由です。エサのなかには、本来自然の状態では魚が決して食べることのない牛の肉骨粉も含まれているというから驚きです。

また、スーパーなどでは海外産の養殖サーモンなどもよく見かけます。福島原発事故以降「海外のものの方が安全なのでは?」と思って購入する方も多いようですし、外食やデリなどの中食などでもよく使われています。しかし、実は海外産の養殖サーモンは、稚魚の状態で麻酔薬を投与されて、その後も遺伝子組み換え飼料や高脂肪の資料、殺虫剤、抗生物質、着色料など本当にたくさんの種類の薬剤が投与されていて、子どもに食べさせるのには危険な食品と言えます。ダイオキシンやPCB(ポリ塩化ビニフェル化合物)などの危険物質は、卵・肉・乳製品の約10倍も含まれ、こうした危険物質は脂肪に溜め込まれます。脂が乗って美味しいと思っていたのは、実は薬剤でできていたのです。

実際に、養殖サーモンで有名な国のひとつノルウェーの健康省では「妊娠可能な女性または妊婦が、サーモンなど脂肪分の多い魚を食べるのは週2回まで」(2013年)とされているそうです。健康や美容、脳の発育にも良いとされているオメガ3脂肪酸の量も、養殖サーモンは天然サーモンの50パーセントほどしか含まれていないそうです。

一番の対策としては、「旬の時期を待つ」ということも大切です。例えば、鮭の旬は秋です。秋になると、脂の乗った天然の鮭が安価に出回るようになるので、こうしたものを食べるようにすれば心配も少なくなります。また、旬を伝えるという意味でも、お子さんの食事にはぴったりです。

 安全な魚の選び方は?

また、魚の種類を選ぶこともポイントです。例えば、アジ、鮭、サバ、秋刀魚、イワシなどの回遊魚は群れで移動する魚であるため、比較的化学物質に汚染されにくいと言われています。反対に、アナゴ、イカ、カレイ、ヒラメ、ワカサギなどの湾内や沿岸で獲れる近海魚は、日本近海の化学物質などを取り込んでいる可能性が高いため、注意が必要になります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More