小学校で学ぶ食育の内容とは

約 1 分
小学校で学ぶ食育の内容とは

小学校における食育とは

2005年に食育基本法が制定されて以来、保育所や小中学校などの教育現場において子どもたちが食育を学び、食に関連する知識や技術の習得ができるよう取り組まれてきました。

しかし、小学校で行われている食育って一体どんなものなのでしょうか。

調べてみたところ、文部科学省のサイトに小学生用の食育教材「たのしい食事つながる食育」というものがありましたので、これを基に小学校における食育について以下にまとめました。

1年生は食事のマナーや楽しさを知ることが中心

小学校に上がると給食が始まり、保育園や幼稚園のときよりもさらに詳しい食事のマナーを習得します。

1年生では、手の平を始め、手の甲、指の間、指先、手首と、正しい手の洗い方を学びます。その後、給食当番は清潔な白衣を正しく身につけ、配膳します。そして、みんなで楽しく食べ、片付けるといった順番です。

食事をする前には「いただきます」、食事の後には「ごちそうさまでした」が日本の食事時の挨拶ですが、動植物の生命をいただくということ、また食べ物が口に運ばれるまでに携わってきてくれたすべての人に感謝の気持ちを込めて、これらの挨拶が言えるよう学びます。

また、綺麗な箸の持ち方は、一緒に食事をする人が良い気持ちになります。そこで、箸の持ち方を学ぶと同時に、迷い箸や箸渡し等のマナー違反についてを知識として習得する必要性があるのです。

さらに、食べている途中に席を立って歩く、汚い話をする、口の中に食べ物を入れたまま話をするなどといた行為は、周囲を不快にさせます。こうしたマナー違反の知識もしっかりと頭に入れ、みんなで食べることの楽しさを学びましょう。

2年生は朝ごはんの大切さを学ぶ

近年、子どもたちの朝の欠食率が継続して見られていることが重要視され、改善する必要のある課題として取り上げられています。

そこで、2年生では朝ごはんを食べることの大切さや、規則正しい生活リズムを整えることの重要さ、おやつの食べ方についてを学びます。

3年生は観察や食の循環、食が変身する姿を知る

3年生に上がると理科の授業があり、そこで根や茎、葉について学び、身近にある野菜等をよく観察します。また、毎日食べている食べ物はどこから届くのかを調べ、自分たちの食生活がどのようにして支えられているのかを知り、感謝する心を育みます。

さらに、食べ物は様々な加工によって姿が変わることを学び、食に対する興味・関心を高めるのです。

4年生は栄養バランスを考える

4年生にあがると、毎日を元気に過ごすために必要とされる栄養バランスに配慮した食事、適度な運動、十分な睡眠をとることの重要性を学びます。

体が成長するために骨がつくられますが、今はその大切な時期。学校給食でも発育期に必要とされるカルシウムを多く含んだ食材が使用されています。

5年生は食の選択をする

5年生に上がると、4年生の頃よりもさらに詳しく栄養素について学びます。そこで、主食・主菜・副菜のすべてを自分で選択し、栄養バランスの整った献立を完成させる授業があります。こうして食材を判断する・また選択する力が身につくのです。

6年生は食と健康を考える

6年生に上がると、生活習慣病や心臓・脳の病気、口の中の病気など、食事の摂り方によって体にどのような影響をもたらすのかを学びます。また、栄養バランスと調理時間を考慮した朝ごはんの献立の作成、食品ロスを減らすための買い物の仕方、賞味期限と消費期限の意味、食品の保存法、衛生面を考慮した調理といった食知識・技術を習得するのです。

また、日本の食文化の伝承、地域に伝わる食べ物、さらには世界各国の食文化についても学びます。

このように、正しい手の洗い方から始まった小学校の食育は、最終的には1人でも生活できるほどの食知識と技術を習得するようです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More