松茸の種類って!高いものと安いものの値段の違いって?松茸の栄養効果とは!

約 1 分

1 松茸の起源・由来

松茸は、キシメジ科キシメジ属に属するきのこです。
松茸は日本や中国、朝鮮半島などに分布し、古くから食べられていました。
縄文時代後期の遺跡の中から、五つのきのこ型の土製品が発見されています。おそらく、松茸を表したもので、祭事などに使われたのではないかと推察されています。書物では「万葉集巻第十」の中に「秋の香」、「古今和歌集」にも「茸狩り」の文字があり、これらが松茸だろうと推測できますが、どちらも「松茸」とは書かれていないのではっきりとはわかりません。
平安時代には、「和歌集」などに松茸のことが詠まれています。やがて、歌の題材や宮中への献上品、贈答品、そして秋の遊びとしての松茸狩りなど、松茸が高貴な人々が秋を感じるための「風物詩」になってくるのは、鎌倉時代以降のことで、当時の「日記」や「日記」などには、秋の話題として松茸が多く登場しています。

松茸は、主にアカマツ林の地上に発生する茸からで、松(マツ)と茸(タケ)から松茸となりました。

2 松茸の種類

松茸は、大きく分けて国産松茸と輸入松茸があります。
国産松茸は、おもに赤松林に発生する香りの高いきのこで、芳醇な香りと歯切れのよさが魅力です。収穫量が少ないため価格が高く貴重な存在となっています。
中国産松茸は、南西部の雲南省や四川省、東北の吉林省や黒竜江省などで収穫されています。市場では6割ほどを占めています。
見た目は国内産松茸とほぼ同じで、価格が国内産に比べて安いのが魅力です。収穫してから店頭に並ぶまでに時間がかかるため、香りは国産に比べると低めで食感は少しやわらかです。汚れが気になる場合は、ぬるま湯に浸けながらこすります。
韓国産松茸は、香りは国産ものに比べて低めで食感も少しやわらかめです。味わいは輸入ものの中でもっとも国内産に近いといわれています。
アメリカ・カナダ産松茸は、全体が白っぽいのが特徴です。日本の松茸とは種類が異なりますが、香りや味わいは似ています。食感がやや やわらかめですが、香りは強く、カサが大きめのものが多いのも特徴です。
北欧産松茸は、スウェーデンやフィンランドで採れる松茸で、日本の松茸と同じグループになるそうです。輸送による香りの低下は若干ありますが、見た目や味、香りは国産のものとほとんど変わりません。

3 松茸の栄養・効果

松茸には腸のぜん動運動を促進する不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、便秘予防に効果が期待できます。また毛細血管を広げて血行をよくする働きのあるナイアシンや、血圧の上昇を抑えて高血圧予防によいとされるカリウムも多めです。
松茸の独特の香りは、「マツタケオール」「桂皮酸メチル」と呼ばれる成分で、食欲増進の作用があると言われています。

4 松茸の選び方・保存方法

軸が白っぽくて太く、押さえてもしっかりして厚みがあり、湿り気のあるものが良品です。ふわふわしてやわらかなものは虫食いのおそれがあります。カサが5分開きぐらいの物をえらびます。

松茸は、鮮度が落ちると、香りが飛んでしまいます。なるべく早く食べるようにします。
保存する場合は、新聞紙で包んでポリ袋に入れるか、またはラップで包んで冷蔵庫に入れます。その際、水分がつかないように気をつけます。

5 松茸のまとめ

松茸は高嶺の花です。スーパーで見かけても、本当にみるだけで、手にすることもありません。
松茸の季節なんだな、と秋を感じるぐらいです。
そんな私の松茸の思い出は、まだ会社員だったころです。上司のお供で取引先の方と食事をする機会がありました。お店はよく覚えていませんが、とても高級そうだった記憶があります。夏の終わりごろだったのですが、出始めの松茸を天ぷらと土瓶蒸しで頂きました。すごく香りがよく、美味しかったのを覚えています。こんなぜいたくはもうきっとないでしょう。

そういえば、「スウィングガールズ」という映画のワンシーンで、楽器を買うお金を稼ぐために、知らない人の山に松茸を採りに行くというシーンがありましたね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More