子どもへ伝える食育

約 1 分
子どもへ伝える食育

食を選択する見本を見せる

三つ子の魂百まで、という言葉がありますが、まさしく食育に関してもそれが当てはまります。

幼少期から食に対して関心を持ち、生涯食に対しての正しい情報を選択できる力を身に着けるために、幼少期の毎日の食事の時間が大切です。

また、三歳までに舌が決まると言われ、十歳までに一番多く食べた物を一生涯食べたくなると言われています。

幼少期の大切な食事は、家族が作るものです。味の濃いものやファストフードばかりを食べさせるのではなく、栄養面を考え、食事の時間が楽しいものであるようにしましょう。

トランス脂肪酸はできるだけ避け、幼少期から親や食事を作る側が、正しい情報をもって食事を選び、見本となることが大切です。

砂糖や添加物は依存性が高く、生活習慣病へのリスクを高めてしまいます。幼少期からそれらを多く摂る事によって引き起こされる病気が懸念されています。

生活習慣病は、体の酸化と糖化が原因ですが、砂糖等の糖質の過度な摂取により糖化が進みます。添加物の摂取による、体内での活性酸素の発生によって体の酸化が進みます。

日々摂取するものの多くに砂糖が含まれているため、砂糖の摂取量を減らす事を心がける事が大切です。

私達親世代が子どもに与える食事の影響は絶大です。できるだけ添加物や砂糖の摂取量を控えられるように、食品の原材料などに関心を持ち、毎日の食環境を健康的なものになるように整えていきましょう。

食事は楽しいもの

食事に向き合い、感謝をして「いただきます」と「ごちそうさまでした」が言えるようになる為には、その食事の時間がまず楽しいと思わせる事が大切です。

食事の時間は家族や友人たちとの大切なコミュニケーションの一つです。近年、一人ひとりが別々のものを食べる孤食や、共働き世帯の増加により食事を一人でとる、という子どもが増えています。

沢山の愛情をスポンジのように吸収している幼少期にとって、それらの影響は深刻です。「おいしいね」をともに分かち合えるように、できるだけ一緒に同じ物を食べる、朝晩のどちらかは必ず子どもと一緒に食事をとる、という事が大切です。

保育園や学校の食育活動としても、家族との共食が推奨されています。

また、食事中はできるだけたくさんの会話をして、食事の時間を一緒に楽しみましょう。

子どもが大きくなって、少しでも料理の手伝いができるようになって来たら、積極的にお手伝いをさせてあげる事もおすすめです。

それらの経験により、子どもの食への関心がさらに高まり、自ら食について考える事ができるようになります。

その時に、例えば旬の野菜の話や、野菜や果物、どのように作られ、肉魚がどのように店舗に並ぶのか、食はどのように私達のもとへやってくるのか、また栄養とは何か、栄養面を考えるためにはどのような物を摂取すればいいのか、という事を楽しみながら教えていってあげましょう。

食育として一緒につくる

子どもがお手伝いができるようになったら、一緒にお菓子や料理を作る事もおすすめです。

一つの料理にどんな材料が使われ、そのようにして作られるかという工程は、子どもの食に対する関心をより高める事ができます。

一生懸命作り、完成したものをみんなで一緒に食べる事は、子どもにとっての大きな達成感を生みます。

それらの経験は、食事をより豊かで楽しいものにしてくれます。

それにより、将来的に自ら進んで健康的な食事について学んだり、沢山ある情報の中で、何が正しいのかという見極め力をつける事ができます。

幼少期からの、子どもへの食育は非常に大切です。

食に対する正しい情報の判断力を身に着ける事は、近年の課題です。

この「楽しむ」というところから、一緒に取り組んでいきましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More